AGAの概要

頭髪が薄くなってきた、抜け毛が増えてきたという人は近年では急増しており、その多くがAGAであると言われています。
AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略で、日本語では男性型脱毛症のことを指し、文字通り成人男性の頭髪が薄くなって行く症状となっています。脱毛症には壮年性脱毛症や若年性脱毛症といった名称がありますが、これらを含めてAGAと呼び、主に30代以降の中高年に見られますが、両親や祖父母の遺伝によって発生することが多く、思春期以降から前髪の生え際や頭頂部のどちらか、あるいは同時に抜け毛が増え始め、少しずつ薄くなって行きます。
昔から親がハゲていたら、子どもも将来的にハゲると言われていたのが現実的になり、遺伝によって起こり得るものとなります。
また、男性ホルモンの影響や頭皮の血行障害でも影響を受け、睡眠不足や偏った食事による生活習慣が原因となることもあります。
AGAは現代の医療技術では完全に治療することは不可能とされており、一度でも抜け毛のスイッチが入ると、対策をしないままでは数年後には髪の毛が残らずにハゲることもあります。完治するのは不可能ですが、AGAの進行を遅らせる、または抑制するための治療薬はすでに存在し、正しい使用方法で対策を行っていけば、昔のようにフサフサな髪の毛を取り戻すことも可能と言われています。
一昔前までは中高年の悲しい頭髪の状態と思われていましたが、最近は一般的に認知されたことから専門のクリニックが全国各地で設置され、皮膚科などでも治療薬を処方するようになっています。
しっかりと対策をすれば寂しい頭皮を作ることもなくなるので、治療薬を処方してもらい、正しい治療法で改善を行っていくことが重要となります。
■AGA治療にはあのプロペシアのジェネリックのこの薬
フィンペシアについて
■AGA治療を受けられる神戸のおすすめクリニック
AGA 神戸