髭とAGAと薄毛のお手入れの関係

AGAとは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンの影響でおでこの生え際が後退したり、頭頂部の髪の毛が薄くなるといった症状が引き起こされます。
髭が濃いとAGAを発症しやすいというのは、全く根拠の無い話ではないです。
髭が濃いと男性ホルモンをたくさん分泌し、AGAも男性ホルモンと密接に関わるからです。
テストステロンという男性ホルモンが5-αリダクターゼという酵素と結合すると、DHTという成分になり髪の毛が薄くなる仕組みです。
髭が濃いとテストステロンが分泌する量が増えるため、髪の毛が薄くなる可能性は高くなるといえます。
テストステロンの分泌する量が多かったとしても、5-αリダクターゼという酵素が少ないとDHTは発生しにくくなるため、髭が濃いからといって、必ず髪の毛が薄くなるとは限りません。
しかし、男性ホルモンは体毛や髭や濃くする性質があるだけでなく、筋肉や骨を発達させる作用もあり、他にも男性が健康に生きるための様々な作用もあるため、男性ホルモンを抑制するような薬品を服用するのは危険です。
男性ホルモンの分泌する量が減ってしまうと精神に影響を受けて、うつ病などの精神疾患を引き起こすこともあるため、薄毛のお手入れにはAGA向けの治療薬を服用することが一番確実になります。
AGA向けの治療薬を服用すると男性ホルモンが抑制されるのではなく、5-αリダクターゼという酵素の働きを抑制する効果があるため、身体に精神的な影響を与えずにDHTの発生を抑制し、髪の毛が薄くなる症状を防ぐことができます。
AGA向けの治療薬の効果が現われるのには、人によって個人差がありますが、症状が現われるのが早い場合でも粘り強く服用を継続することが重要になります。