アーカイブ | 8月 2016

  • 育毛グッズよりも副作用に注意し専門のAGA治療を

    薄毛に悩んでいるときには、様々な育毛グッズなどを試している人も多いかも知れません。 薄毛を引き起こしているときには、頭皮に皮脂が溜まりやすくなっていることも考えられますので、頭皮の環境を清潔にできる育毛グッズを使用することや、ヘアワックスを使うことを控えるなどの工夫をすることがおすすめとなります。 しかし、色々な育毛グッズを使用しても改善の効果が得られないときには、専門の医療機関でカウンセリングを受けたほうが良いと言えます。 近年では薄毛外来などが設置されている医療機関もあり、カウンセリングを受けることで薄毛の原因を調べることができます。 最近多い薄毛の症状としては、男性型脱毛症とも呼ばれているAGAを挙げることができます。 自分が抱えている薄毛がAGAであるかどうかは、カウンセリングを受けて調べることが可能で、原因がAGAであるとわかったときには専門の治療薬が処方されます。 AGA治療薬として厚生労働省の認可を受けているものにプロペシアがあり、薄毛の原因となる男性ホルモンのDHTの生成を抑制させる効果があることがわかっています。 プロペシアを服用する治療法は、半年以上の期間にわたって継続する必要があります。 効果が得られるまでの目安の期間は6か月以上と言われており、毎日1錠ずつ服用します。 プロペシアは医薬品ですので、一定の割合で副作用が生じる可能性があります。 プロペシアを服用しているときに起きる、主な副作用としては性欲減退や勃起不全などのEDの症状が起こることが考えられます。 また、プロペシアは男性型脱毛症に有効な医薬品ということで、女性は服用を認められていませんので、服用しないように注意する必要があります。