アーカイブ | 11月 2016

  • ちょんまげ型のAGAに個人輸入代行でプロペシアを

    薄毛のタイプとして有名なものは、M字ハゲということができますが、あまり知られていないタイプのものにU字ハゲというものもあります。 U字ハゲの場合には前頭部が薄くなることは、M字ハゲのときと同じですが、M字のように左右が薄くなるのではなく、中心部分が特に薄くなってしまう点が特徴となります。 U字ハゲはちょんまげに似た状態となっており、後頭部と側頭部には髪の毛が残っているのですが、中心部分が薄くなります。 このようなちょんまげ型の髪型になるのは、AGAが関係していると考えられています。 AGAは男性型脱毛症とも呼ばれますが、一般的には前頭部や頭頂部から薄毛が進行していって、前頭部と頭頂部の薄毛が広がることでU字ハゲになります。 AGAが起こる原因としては、睾丸から分泌される男性ホルモンと体内の酵素が結合することで生成されるDHTによって発症すると考えられており、DHTの生成が増えると髪の毛の成長を邪魔してしまいます。 ちょんまげ型のU字ハゲを引き起こしているときには、AGA治療薬として効果があることが知られているプロペシアを服用する治療法があります。 プロペシアは専門の医療機関に行って処方してもらうことが可能ですが、近所にそのような病院が無いときには、個人輸入代行を行っている医薬品の通販サイトからも購入できます。 プロペシアはドラッグストアなどで市販されている医薬品ではないために、医療機関を受診しなければなりませんが、健康保険が適用されないために、1か月あたりの治療費が10000円近くかかってしまいます。 個人輸入代行業者が運営をしている通販サイトであれば、医療機関で処方が行われている金額よりも安値で販売をしているところがあるために、費用を節約してAGA治療を行うことが可能となります。