AGAの原因と症例

最近ではAGAという言葉をよく聞くようになったのですが、これは男性型脱毛症という意味です。
これは髪の毛が薄くなる原因の一つであり、成人男性によく見られる症状となっています。
思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなってきたという場合、この症状である可能性が高くなっています。
遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられており、少しずつ抜け毛が進行することで薄毛が目立つようになってしまいます。AGAになっている人は全国で1260万人、そのうち症状を気にしている人は800万人程度とされています。
また、ケアを行ったことのある人は650万人程度ということですが、AGAは進行性の症状であり、放置しておくとどんどん髪の毛の量が減ってしまいます。
そのためAGAに気づいた場合、できるだけ早めにケアすることが大切です。
AGAで脱毛した部分にはDHTが高濃度にみられるのですが、この物質が毛の成長を妨げると考えられています。
髪の毛は成長期が短くなることで、太く成長する前に抜けてしまうことになります。
そして、全体的に細く短い髪の毛が多くなることにより、薄毛が目立ってしまうということです。
AGAは抜け毛や薄毛がゆっくりと進行するものなのですが、治るものではないため、専門のクリニックなどで治療を受けることになるでしょう。この症状になると髪の毛が十分成長する前に抜けてしまいます。
しかし、AGAになってしまった場合でも産毛は残っていることが多く、毛包が存在しているなら髪の毛は太く長く育つ可能性があります。
髪の毛が薄くなったり、抜け毛が増えたからといって諦める必要はありませんし、早めにケアを受けると良いでしょう。